ミニ カブリオレ 左リアパワーウィンド修理

ホームページをご覧いただき、ご来店頂きました。

左のリアパワーウィンドが ”バチン” と音がして動かなくなってしまったとの事でした。

バチンっとなるのは、あれが切れたのでしょう・・・

分解していきます。

カブリオレのリアパワーウィンドはかなり分解しないとパワーウィンドのレギュレーター(作動部)までたどり着けません。

まずは、リアシートを取り外します。

中間を端折ってしまいましたが、ここまで分解してやっとお目見えといった感じです。

レギュレーターを取り外しできました。

バチンの原因です。

ワイヤーが切れてしまうのですね、プラスチックの部品が摩耗、破損し、絡まってしまうのです。絡まってしまうと、作動が重くなり、バチンといってしまうという事なのです。

無事に取付終わりました。

でもここからが一番の山場。 調整です。

ランチャンネル(ガラス外側のゴムシール)あたりから調整をするのですが、下手するとガラスを破損してしまう可能性もあるので・・・

調整も終了し、作動確認して終了です。

ミニ関係の修理も承ります!

お声がけください!

 

関連記事

  1. BLOG

    フィアット 500 チャージランプ点灯

    フィアット500ツインエアーにお乗りのお客様。お買い物の帰りに…

  2. BLOG

    fiat 500 水漏れ修理 & fiatエンブレム交換

    前回のオイル交換時に発覚した水漏れの修理で再度ご来店頂きました常連様の…

  3. BLOG

    アルファロメオ 156 車輌購入後の点検

    156を購入後、近くでメンテナンス出来る所をとの事で、弊社にお越し頂き…

  4. BLOG

    フィアット500 車検整備 サスペンション交換 その他いろいろ

    ホームページからお問い合わせいただきまして、ご来店頂きました。…

  5. BLOG

    Fiat 500 ミッション付近から異音!

    以前よりホームページを見て頂いており、今回、オイル交換のご依頼を頂き、…

店舗情報

〒192-0914
東京都八王子市片倉町1919-7
営業時間:8:00~19:00

TEL:042-699-1333

お問い合わせはこちら

あらゆる車の困りごとの相談を受け付けています!お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP