アルファロメオ 147 車検整備

プジョーに引き続きアルファロメオ 147の車検のご依頼を頂きました。

ご依頼頂きまして誠にありがとうございます。

車輌外観を撮影するを忘れてしまいました。

真中の非常に珍しい色、青色の147です。それもマニュアル。

この色は、殆ど流通しておらず、オーナー様も気に入られている色でした。本当に無いです。この色は。

では車検整備、参りましょう。

まず、ヘッドライトの曇りを取ります。陸運局でのヘッドライトの検査方法が変わった為、曇っていると光量が足りなく、検査に落ちてしまいます。だんだん検査が厳しくなってきています。。。

これを↓この様に磨きます。

綺麗になりました。

ヘッドライトの曇りでお困りのお客様、ご相談下さい。ヘッドライト樹脂コーティングも施工可能です。

次はブレーキを点検していきます。

フロントパットの残量が2mm程度に摩耗してしまっております。

オーナー様は年間1万キロ程度走行されますので、次の車検まで持たせることはかなり厳しい残量です。安全にかかわる部分だけは厳しくジャッジしていきます。

ローターも交換時期に差し掛かっております。ローターの研磨といった選択もありますが、最近はローターの価格も下がってきており、研磨と交換の価格差が殆どありません。こういった理由から弊社では交換をお勧めしております。

リアブレーキのパット残量です。

内側のパットは残量がありますが、外側のパットの残量が無くなってしまっております。私共で言うところの”片べり”というものです。原因はいろいろありますが、今回の原因としては、スライドピンの動きが悪くなってしまって起こっておりました。

ローターもかなりの段付き摩耗が認められました。

ここで一つ、なぜこうなった場合にローターも交換しなければならないのか?といった事をご説明致します。写真でもわかるように、ローターとパットの当たる面が減ってきております。減ってくると当然ながらローター自体が薄くなります。ブレーキ機構が作動する(車を止めようとする)と、ブレーキは非常に高温になります。薄くなってくると、熱が入った時に亀裂が入り、ローターが割れてしまう可能性がある為、交換せざるを得ません。日本車ですと、各メーカーによって摩耗の限度値が厳密に規定されており、その限度値までは使用できます。パット交換2回に1回はローターも交換といった事はここからきております。欧州車の場合、非常にブレーキの効きが良いです。その理由はパットも減りますが、ローターも減らして制動力を上げている事が考えられます。その為、ローターの摩耗も早いです。欧州車も研磨は可能ですが、上記の理由によりかなり摩耗速度が速いので、研磨すると摩耗限度値を超えてしまう事が多いです。その為、交換といった処置を取らざるを得ない事が大半です。

日本車の場合、ローターへの攻撃がマイルドなパットを使用している為、欧州車に比べると効きが弱いです。しかしながらローターの摩耗は抑えられるという結果になります。欧州車のブレーキダスト問題も効きを良くするため、パットの材質が日本車と違う、また、ローターも減らす為、ブレーキダストが大量に発生する事が考えられます。ダストをなくそうと思うと、ブレーキの効きが弱くなる傾向になり、パットの摩耗進行を減らそうとすると、効きが良くなくなるといった事になります。どちらを選ぶかはオーナー様次第になります。

次はエンジンまわりの点検です。

水漏れが認められました。タイミングベルトカバーの中より漏れだしているといった事は、ウォーターポンプからの水漏れを起こしているといった事を示唆しております。

オイルクーラーのパイプからも水漏れを確認。

ドライブベルトの亀裂があります。

水漏れを起こしている為、冷却水が殆ど入っていない状況でした。

オーナー様に状況をお話をし、水漏れの修理を行う事になりました。

タイミングベルトカバーを開けると、水漏れ箇所がわかりやすくなりました。やはりウォーターポンプからの漏れの様です。

ウォーターポンプです。周辺が冷却水で汚れております。

タイミングベルトテンショナーを外すと、赤い冷却水が乾いた跡が認められます。

ウォーターポンプの回転軸から水漏れを起こしておりました。

ウォーターポンプを取り外し、交換します。

今回、対策品である、金属製の羽のタイプに交換致します。プラスチックの羽のタイプは、熱で割れてしまう可能性があるとの事で、金属製の羽に対策されました。

タイミングベルトも交換し、完了です。

次は、オイルクーラーパイプの水漏れを修理していきます。

このパイプのエンジン側、非常に漏れやすい箇所ではあります。

今回、パッキンの交換と液体パッキンのダブルで対策しております。

大体の場合、上のボルト部分から漏れ出します。

交換の為外したエキゾーストマニホールド、エアコンコンプレッサーを取付け完了です。

ブレーキも新品になりました。

 

無事に車検も取得し、ご納車の運びとなりました。

ホームページより弊社を見つけて頂きまして、ありがとうございました!

 

 

 

関連記事

  1. BLOG

    プジョー207 サーモスタットハウジングより冷却水漏れ

    いつもお世話になっている板金屋さんからのご依頼で、プジョー206冷却水…

  2. BLOG

    アルファロメオ ミト パワーステアリング故障

    引っ越しする前からのご贔屓にして頂いているお客様です。車検をご…

  3. BLOG

    アルファロメオ ジュリエッタ エアコンの風が出ない

    ジュリエッタでエアコンの風が出ないといった症状でご来店頂きまし…

  4. BLOG

    フィアット 500 タイミングベルト&ウォーターポンプ交換

    お店の前を通って頂き、当店を発見していただきましたお客様です。…

  5. BLOG

    アルファロメオ ジュリエッタ エアコンの風が出ない & ブレーキパット交換

    最近、少しづつ多くなってきた感のある、ジュリエッタのエアコンの風が出な…

  6. BLOG

    フィアット500 車検整備 サスペンション交換 その他いろいろ

    ホームページからお問い合わせいただきまして、ご来店頂きました。…

店舗情報

〒192-0914
東京都八王子市片倉町1919-7
営業時間:8:00~19:00

TEL:042-699-1333

お問い合わせはこちら

あらゆる車の困りごとの相談を受け付けています!お気軽にお問い合わせください!

PAGE TOP